ページの
先頭へ

SDGsの取り組みについて

sdgs_goal

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた取り組み

地球に優しい運動
経営サイクル
やますの取り組み 添加物や保存料を減らす努力 *千葉の農家と農業、土に貢献する努力
*千葉の漁師と漁業と海に貢献する努力
*人種差別、ジェンダー差別などをしません
*楽しい仕事を生み出す
*働きやすい職場にする
*礼儀をもって仕事を楽しむ
*食品廃棄を減らす努力
*物を大切にムダ使いしない、ゴミを出さない努力
*プラスチックレスに向けた努力
*ペーパーレスに向けた努力
*クリアファイルレスに向けた努力
*使った水、出したゴミをできるだけリサイクル資源にする努力
2021年 1~3月 社内向けの資料作成
倉庫改革スタート。
150メーカーリストアップ。
ダンボールの総重量を知る。
ゴミを意識的に無くす。減らす。
水の使用量を把握する。
リサイクル支払い料をまとめる。
新商品に使わない話をする。
4~6月 社内向けの資料作成終了 発注塾スタート。
食べ残し業者を探し、実際に運用。
水・ゴミの最新施設の見学。
紙の枚数の把握。
ゴミ年間廃棄量を知る。
ファクトリーの商品をまとめる。
クリアファイル使用量の把握。
紙の使用量の把握。
7~9月 ピーナツペースト3品の香料をなくした 新規に作る資材はECO原料にする。 残業を無しにして時間外労働無くす。 丈夫な資材・包材リストアップ。
賞味・包材変更スタート。
残った商品売り先検討・オーダーデー。
堆肥工場の見学。
節水を試す。
頑丈な包材探し。
紙資材を探す。
10~12月 小川屋にセミナー用の商品の準備依頼 リサイクルされた資材を探す 女性だけのお茶だし禁止。 食べ残しを無くすチームスタート。
ファクトリー資材を10%減らす。
房の駅を見てまとめる。
SDGsチームの発足。
2022年 1~3月 社内セミナー実施 プラスチックストローをゼロに。 女性を都合よく利用しないルール。
総務以外も電話応対をできるようにする
本社リサイクルステーション設置。
リサイクル支払い料を10%減らす。
クリアファイル購入ゼロに。
4~6月 メーカーに添加物を少なくする旨共有 ファクトリー資材の洗い出しと見直し。 女性だからという理由や差別しない。
一般常識勉強会を部門ごとに行う
水・ゴミ市原市に打診。
製造メーカーにECO資材の話をする。
7~9月 売上上位200品の添加物をだす コンポストで堆肥を作る。 女性リーダーを育成するプログラム開始。 福祉と協力の打診。
10~12月 商品をピックアップしメーカーと調整開始 賞味期限が延ばせる資材を探す 女性社員の能力を伸ばす勉強会実施。 賞味期限を延ばす。
ファクトリー資材を20%減らす。
2023年 1~3月 商品を5品えらび メーカーにそれを何のために使用しているかの規格書をだしてもらい 試作開始 1品 FSC認証された段ボール100%にする。 時短勤務制度導入。
マナー研修をプログラム化準備スタート
資材・包材で問題無い所も検討。賞味など。
包材検討強化。
リサイクルダンボール宣言。
iPad配布。
ゴミの分別強化。
リサイクル支払い料を20%減らす。
新商品にプラスチックを使わない。
4~6月 該当商品を製造しているメーカーの定期MTG実施 進捗共有 カップなどの容器を全てECOの材質に。 男性も育児に積極的参加できる環境設備。 ダンボール規格統一。
7~9月 該当商品を製造しているメーカーの定期MTG実施 進捗共有 発泡スチロールの使用ゼロに。 マナー研修プログラム完成 水循環型システム導入。
10~12月 5品の添加物をぬく 社内にペットボトルは持ち込まない 新入社員の半分を積極的に女性を雇用。 水道水を極力減らす。
ファクトリー資材を40%減らす。
クリアファイル・紙の使用料を50%減らす。
2024年 1~6月 2023年の実績からなくてもいい添加物をぬくようにする レジ袋をゼロに。 女性だけの部門を設立。
新卒のマナー研修導入
地域のリサイクルセンターへゴミの売却。
伝票の電子化。
リサイクル支払い料を30%減らす。
7~12月 2023年の実績からなくてもいい添加物をぬくようにする 本社屋上に植物を植える。 結婚後も復帰しやすい社内ルールにする。 井戸を掘る。
2025年 1~6月 やますとしてで使用していい添加物、使用してはいけないルールを作る 植林活動・森づくり・田んぼの生き物調査に参加する。 男女育休を取りやすくする。 チーム賞味期限切れ売り場改善発足。
チーム賞味期限切れ発注改善発足。
水道水やめる。
営業車で回収する。
製造メーカーにプラスチックを使わない交渉。
7~12月 分類ごとに使用していい添加物の決定の着手開始 規格外で売れない魚介類を引き取り、販売する。 女性の離職率を30%以下にする。 ゴミの種類を把握。
2026年 1~6月 添加物使用していない商品を70%にする 規格外で売れない農産物を引き取り、販売する。 女性部門長を採用。 食品廃棄を経験・体験するツアーを実施。リサイクル支払い料を40%減らす。
7~12月 添加物に特化した人材を戦略に追加 千葉県産の主原料商品を50%以上にする。 在宅勤務制度の強化。 全国優良企業の視察。
2027年 1~6月 添加物の使用率を50%にする 全国優良農家・漁業組合などの視察。 役職ごとのマナー研修 最先端企業を見学・チェック。海外スウェーデン。
7~12月 原料や添加物のレシピを作れるようになる 千葉県内の漁師・漁業・農家支援の催事を行う。 制服や働く服装の自由化。 ファクトリー資材を80%減らす。
2028年 1~6月 分類ごとのレシピを作れるようになるい(クッキー、漬物) 千葉県内の農家支援の催事を行う。 マナー研修の見直し 本社リサイクルステーション一般回収スタート。
7~12月 添加物研究室をやますに配置 海岸に落ちているゴミ拾いの実施をし、現状を把握する。 働く場所・時間を自ら設定できるようにする。 リサイクル支払い料を80%減らす。
2029年 1~6月 保存料がなくても賞味期限が長くなる商品開発の着手 高齢化で困っている漁師・農家の手助け。 外国人マナー研修導入 自社でリサイクル再生・バイオマスを自己完結させる。
7~12月 調味料(アミノ酸等)がなくてもおいしい商品の着手 規格外で売れない魚介類・農産物を100%引き取り、商品化して無駄にしない。 社内に託児所設置。 ファクトリーのプラスチックをゼロにする。
2030年 1~12月 必要ない添加物の使用はゼロにする プラスチック資材をゼロに。 経営会議の半分が女性になる。
ひとりひとりの働き方、考え方を尊重する職場を作る
食品廃棄ゼロにする。
ダンボールリサイクルセンターになる。
紙使用ゼロにする。
生ゴミは全て堆肥にする。
水道水ゼロにする。
プラスチック使用商品ゼロにする。
リサイクル支払い料ゼロにする。
クリアファイルゼロにする。

取り組みの一例

千乃佃煮(ごった煮、しその実茎わかめ、しば漬けときくらげ、ほたて貝ひも)

千乃佃煮(ごった煮、しその実茎わかめ、しば漬けときくらげ、ほたて貝ひも)

環境にやさしい容器になりました。

SDGSアイコン SDGSアイコン
ピーナッツ王子宴

ピーナッツ王子宴

環境に配慮したインキを使用しました。

SDGSアイコン SDGSアイコン
千乃甘露煮

千乃甘露煮

リサイクルしたペットボトルを使用した環境にやさしい袋になりました。

SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン
ジェラート用スプーン

ジェラート用スプーン

プラスチックから木になりました。

SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン
お弁当容器

お弁当容器

紙を使った容器になりました。

SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン
いちごトレー

いちごトレー

いちごトレーがプラスチックから紙になりました。

SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン
しそ巻きピーナツみそ

しそ巻きピーナツみそ

ピーナツみそしそ巻きの中のトレーが環境に優しい素材になりました。

SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン SDGSアイコン